rudabest

トリマーになるには
海外でトリマーになる楽しみ トリマー留学

海外へトリマー 留学する価値はあるのか

● 海外のトリマースクールは犬がいい


<わんちゃんの質は技術上達の決め手>


海外(北米)のわんちゃんは性格のいいのが多いです。カナダの犬はどうしておりこうさんが多く、いいわんちゃんが多いかについて、他のホームページでも書いてますからここでは書きません。


でも、性格のいい犬を使って練習できた方が、一人でも扱いやすいし、二人がかりや三人や四人がかりでやらなくても一人で思うように練習できますから、当たり前ですけど、”何倍も上達が早い”です。それに一人でやれた方が達成感もあるし、他人に気兼ねせずにすみますから、第一楽しいです。 


これはカナダには性格のいい犬が多いという理由だけからではありません。


当方は長年この仕事をやってますし、おかげさまでお客様も犬も自分で選ぶことできます。やくざな犬、アグレッシブな犬はいっさいスクールのドアをくぐらせないポリシーを持っているからです。(特に生徒に与える教材犬は性格のいい犬がほとんどです)


自慢するほどのこともないことですけど、こういうことを自慢できるトリミングスクールが日本にあることをあまり聞いたことがありません。


日本のトリミングスクールを出た人達からは怖かった体験や苦労した話をよく聞きかされます。プロも敬遠したいショップで断られた、ペットサロンには出しにくい犬がスクールに来ることもよくあると聞いています。


いろいろな事情で扱いやすい犬ばかりではない。アグレッシブなものもいる、毛の状態も悪い状態で来る犬も少なくない。そういうお客様を指導することもしていないとしたら、これらの犬は初心者には難しすぎる、経験のある上級者向けの犬達です。


手慣れたプロが細心の注意を払ってやれる仕事です。そして扱いが難しい犬達ですから、慣れていない初心者がやったら事故も起こりやすいです。そういう話も耳にしています。


こういう難しい犬が多くて、トリミングを学ぶこと自体が苦痛になり、レッスンに興味を失う方もいたと、日本のスクールを出た人達から聞いてます。


初心者は時間がかかりますし、覚えることがたくさんありますから、 扱いやすい犬で練習できた方がだんぜん上達は早いです。


私のスクールでも、たぶん他の北米のスクールでも、性格のいい犬はたくさんいますから、扱いの難しい犬を初心者の生徒に与えることはありません。二人がかりや三人がかりで仕事しなければいけない犬は、当地ではめったに見ることはありませんし、「こんな犬も扱えないのでは、一人前に・・・」と言われることも北米ではありません。


性格のいいわんちゃんて゜レッスンが受けられるというだけで、海外に出てこのキャリアを学ぶ価値は十分にあるように思います。レッスンを受けて、ますますこの仕事が好きになり、自信と意欲が湧いてくるようになってほしいです


<<back

海外のトリマースクールはメソッドがいい >>

---------------------------------------------------------------------------


海外のトリマースクールは環境がいい (トップ)>>

海外のトリマースクールは生徒がいい >>

海外のトリマー養成スクールは犬がいい >>

海外のトリマー養成スクールはメソッドがいい >>

海外のスクールは働くことまで考えてレッスンしてくれる >>

海外のトリマー専門スクールは安くあがる >>

海外のスクールでは楽しいことにたくさん出会える >>

日本ではなぜ二年も三年もトリミングスクールに行く必要があるのか >>

海外でプロとして働く(ワーキングホリデーを利用して)>>

仕事能力を生かし、ワーホリを倍楽しむ >>



a
b
d
h