rudabest

トリマーになるには
海外でトリマーになる楽しみ トリマー留学

海外へトリマー 留学する価値はあるのか

●海外のグルーミングスクールはこんなに楽しい !!

< 海外トリマー留学は手に職をつけるだけでなく、
プラスαの個人的な楽しみがたくさんある >

日本から私のスクールに来る方が考えることは、もう十代は過ぎたしキャリアを身につけるのにこれから二年も三年もかけて、その上に見習い期間がしばらく、時には何年も続くのでは、あまりにも時間がもったいない。

カナダなら一通りできるまでの研修期間が短くできること。すぐに生活力に結びつくレッスンが受けたいし、実際に働けるまでの技術を「一日も早く」身につけたいというのがトリマー留学にもっとも期待することのようです。

それからキャリアを身につける以外に、生活環境を変えてもっと刺激を受けたい、精神的にリフレッシュしたい、今までの生活をリセットし自分を変えてゆくきっかけにしたいというのもカナダで学びたい動機になっている気がします。

中には、英語環境で生活できるので英語も少し話せるようになれたらと、語学学習も兼ねて来られる方も多いです。

私のスクールは日本人には日本語で、その他の方には英語でやっています。英語をあまり話せなくてもカナダ人と片言で話せる機会がたくさんあります。

英語が苦手で話せない人でもこのスクールではまったく気にすることはありません。私のスクールでは無理に「英語を話す努力」をする必要はありません。英会話スクールではありませんから、クラスで何語を話そうと自由です。

でも、英会話がうまくなりたいと思っている方にとっては、カナダ人と話す機会がクラスでもたくさんありますから英語を話すことが楽しくなります。そして日本語でも話せるし気が楽です。

これはこちらの英会話スクールにはないことです。語学スクールでは生徒はカナダ人ではなく、周りはまだ英語が自由と言えない外の国の人達です。せっかくカナダまで英語を学びに来ているのに、この土地に住むカナダ人と親しくするチャンスがなかったとか、学ぶことが多すぎて忙しく、英語を使う機会はあまりなかった、などということもあるようです。 

当スクールではいっしょにレッスンを受けているカナダ人の仲間がいるし気楽に話せるし、お互いに教え合ったり助け合ったり、同じ目的や志を持っていますから話は合うし、話す話題に困ることはありません。

夜間の英会話スクールに通うことももちろんできますけど、それ以外にも、ホームスティやいろいろなイベントとか、話す機会はけっこうあります。その上に過ごす時間の長いスクールでもカナダ人と会話できますから、これが皆さん魅力を感じていることの一つのようです。語学学習も目指してきた方は英語を使うことに慣れますし上達します。

ペットサロンでインターンをされる方でも、日本から来て突然カナダ人だけの所に入って英語だけで生活するのは、かなりのストレスです。でも日本語も英語もどちらも話せるスクールの環境で言葉や生活に徐々に慣れて、仕事や職場で使う英語も学び、ワン・クッションおいてから100%英語環境に入ってゆけますから、あまり苦労せずに入ってゆけるようです。インターンを終了したら、北アメリカのどんなペットサロンに職を得ても困らないぐらいにはなれます。

それから、こちらにしばらく滞在していたら、レッスン以外の生活でも楽しいことはたくさんあります。たくさんあって何からお話ししたらいいのか分りませんが、トロントはまず食べ物のおいしい所です。

各国の郷土料理、エスニックフードを試すのが好きな方は食べ歩きが楽しみになります。日本では目にすることもない世界のフード、当地だから体験できるたくさんのことがあって飽きることありません。移住者が多い国ですから、各国の本場ものの料理、日本ではあまり知られていない各国の家庭料理なども食べられます。レストランめぐりも財布を気にしないでできるところです。

また日本の食材はなんでも手に入りますから、日本食が恋しくて困ることもほとんどありません。日本レストランもたくさんあります。

また、トロントはショッピングも楽しい都市です。たくさんお店が集まっている大型ショッピングモールがたくさんありますし天気や季節に関わらずウインドウショッピングだけでも楽しめます。日本は高くないとだれも買わない国ですけど、リーズナブルな値段で超一流のものでも手に入るところです。安物ハンターにとっても出かける場所はたくさんあります。休日になると掘り出し物に出会う楽しみで、想像しただけでわくわくします。

それから、観光についてはトロントの観光案内を見ていただければいいですから、書きませんが、トロントはイベントの多い都市です。各国から来た人達のコミュニティでやるいろんなフェスティバルや文化紹介のイベントがたくさんあります。有名なのはカリビアン・フェスティバルで、これはリオの祭りに匹敵し北米最大といわれています。ギリシャ人のフェスティバル、イタリア人のフェスティバルとか、入場料なしで、お金を使わず楽しめるイベントがたくさんあります。

その他にもいろいろな楽しい催し物がたくさんあり、いろいろな所でやっています。私は個人的にはクラフト・ショーやアンティークショーなど好きでよく行くのですけど、どちらも数多くあります。カナダ全土から工芸・手芸・絵画などのクラフト関係者が集まる北米最大のクラフトショーや北米最大規模のアンティークショーもトロントにあります。一日歩いて見て回っても時間が足りないないぐらい規模が大きいです。カナダはアンティーク愛好家には意外と知られていない穴場です。

それから、トロントはジャズの街、映画の生まれる都市として知られています。劇場も世界でニューヨークに次いで多い都市です。エンターテインメント関係もトロントはカナダ一番の商業都市ですから、アメリカの有名なポップミュージシャンなどもカナダで公演するところはまずトロントです。こういう一流エンターティナーに生で会えるというのもこの都市の魅力です。

ミュージカルなどもわざわざニューヨークに出かける必要はありません。そして日本のようにチケットが高くありません。好きな方はこちらのミュージカルのあの迫力に圧倒されてやみつきになるようです。

grooming show それから、トロントはおもしろい都市で日本の文化人がよく訪れるところです。東京に住んでいても、テレビでもめったに見る機会がない女優・俳優であるとか、映画監督それから作家、ジャーナリスト(トロントには世界的な映画祭や作家フェスティバルがあります。)ジャズにかぎらず他のミュージシャンなどもよく来られます。こういう有名人が来るとすぐ講演会や演奏会などをやるところですから、一般人では日本でもほとんどお目にかかれない著名人に会える機会が、日本にいるよりもだんぜん多い不思議な都市なのです。

それからトロントはペット関連のイベントがとても多い都市です、大きなペットショーが年四つあります。その他にも大きなペット関係のイベントが幾つかあります。
街のワンブロック全部が会場になる野外ペットショーとか、ペットエクスポ、カナディアンケンネルクラブのドッグショー、それからエクジビションのロイヤル・アグリカルチャル・ウインターフェアは畜産関係で世界的に有名だそうで、アメリカや日本の農協のおじさん達も大挙して訪れる国際的な農業博です。馬牛はもちろんのこと、ここのわんちゃんのショーもすばらしいです。

それから、トロントにはメトロ・トロント・ズーという動物園があります。今でも変りないと思いますが、この形式では世界最大の動物園と前は言われていました。トロントに来られたら、動物好きなら一度は訪れてほしいところです。見て回るのに一日では足りないぐらい広いそしてきれいな動物園です。

カエデトロントフォト もっと大衆向けのところでは、世界一高い(一昔前までは)トロントのシンボル・CNタワーとスカイドームがあります。東京タワーよりもずっと高いですし、オンタリオ・レークを越えてアメリカの向こう岸まで見渡せます。ここからの眺めは絶景です。
それから数々の名映画の舞台にもなったナイヤガラの滝や、アイスワインが特に有名ですけど、質の高さでは定評のあるカナディアン・ワインのふる里セントキャサリンズなどは日帰りで行ってこられます。

カナダには、カナダの誇るカナダズ・ワンダーランドがあります。これはバラマウント映画の会社で制作運営されている遊園で、ディズニーランドと違ってより大人向けにつくられた遊園です。生徒のみなさんもよく行く場所です。映画の会社らしく、映画をテーマに趣向をこらしてあったり、幾度となく行っても違ったセットがしてあって大人でも飽きることがありません。

自然が好きな方には、原生林や神秘的な湖がまだたくさん残されていて、ハイキングやキャンプ、つり、カヌー・トリップが楽しめるアルゴンキン・国立公園があります。日本からわざわさここの紅葉を見に来られる方がたくさんいます。それぐらいすばらしい国立公園です。

その他健康的な遊びはゴルフやテニス、スキー、スノーボードやスケートもお金をかけないでできるところです。どこへ行っても財布を気にしないといけない日本と、このへんが違う点です。

休暇を利用してカナダ国内やアメリカへ小旅行もできます。経済的にできるツアーがたくさんあります。カナダ東部オタワ、ケベック、モントリオールや赤毛のアンの故郷プリンス・エドワードアイランド、それから冬ならばオーロラが見られる町イエローナイフ。国外ではアメリカのニューヨーク、ワシントン、フロリダなどにゆくツアーもあります。日本の国内旅行に比べたらかなり安すめです。

近いですから、中にはヨーロッパ、メキシコ、キューバ、バハマスなどに行ってこられる方もいます。 時期によっては驚くほど安く行ってこられますし、これらは飛行機でほんの数時間です。

トロント周辺だけでも興味深いぜひ訪れてほしいところや、日本にはないアトラクションがまだまだたくさんありますが、この辺にしておきます。
日本ではなぜ二年も三年もトリミングスクールに行く必要があるのか >>
---------------------------------------------------------------------------
a
b
d
h